忍者ブログ

茶の湯覚

このブログは、「茶道」についての月梅の個人的な覚書です。 調べたことを纏めると同時に、誰かのお役にたてれば幸いと思い、公開しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なかなかまとまってブログが書けません。
とても遅筆なのです。

花月のこととか、
灰作りとか

いろいろ書きたいことはあるのですが。

近いうちに必ず。

最近出会ったお道具

・三友棚
・ギヤマンの水指

など・・・これらについても書きたい。
PR

お茶をいただいた後、「拝見」というものがあります。
お茶碗は飲んですぐにその場で見るのですが、
それとは別にお棗とお茶杓を見せていただきます。

まぁ、お稽古のときは、
お茶杓なんかは練習用のものだったりするのですが。
お茶会では、お茶人の作ったありがた~いお茶杓だったりするので、
お茶杓も拝見の対象なわけです。

おしまいの後、拝見用に亭主が置いていった
お茶杓とお棗を席に持っていって拝見してまた戻す。
このあと、お道具についての会話があります。

「お棗のお塗りは?」
と、客が聞いたら、
「宗哲でございます。」
と、亭主が答える。
「お茶杓のお作は?」
と、客が聞いたら、
「坐忘斎お家元でございます。」
と、亭主が答える。

【中村宗哲】
中村 宗哲(なかむら そうてつ)は、千家十職の塗師。中村家は、400年近く続く塗師の家。当初は蒔絵を施した家具などの製作(「通例塗師」といわれる)も行っていたが、明治時代以降は茶道具の塗師(「型物塗師」といわれる)専業となっている。

【坐忘斎】
坐忘斎(ざぼうさい)裏千家第十六代家元。

練習なので、塗りや作が違っても、お家元が作ったという体なわけです。
(もちろん、作が分かっている時は本物の作者を答えます。
たまに、宗哲さんや坐忘斎さん以外の人も登場します。)

さて、問題はここから。
「お茶杓のご銘は?」
と、客が聞きます。
お茶杓の銘は、亭主がつけます。
(もとから付いている茶杓もありますが。)
季節に合った雅やかな言葉を。

今の季節だったら、
「紫陽花」や「早乙女」などなど。
これ、お茶会の時は茶会のテーマに合わせて
茶杓も用意されるので、きまってたりするのですが、
練習のときは、その場で付けるのです。
だいたい季語だったり、縁起のいい言葉だったり。
するっと出てくるとカッコいい。

普段使わない雅な言葉をするっと答えて、
意味まで説明できると更にかっこいい。

常日頃から、意識して学んでいかないと、するっとはいきません。
茶道が総合芸術と言われる一端がこんなところにもあるのかなぁと思います。





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

6月1回目のお稽古に行ってきました。
客を2回と点前を1回。

今日の主菓子はきんとんで、銘「紫陽花」でした。
青から青紫の可愛いきんとんでした。
自分の好みとしては、きんとん好きですね。とろける。

さて、お手前ですが、今日は初☆棚ものでした。
はこび、2回で終わりですか・・・っ(汗)
はじめての棚は・・・瓢棚でした。
いきなりこんな珍しい形の棚・・・

【瓢棚】
文化棚(ぶんかだな)ともいい、勝手付の板を瓢形に透かし、棚板にしている。
地板は取り外しが出来るので、あれば水指を置き、なければ水指を運び出す。
その涼しげな見た目から夏場に扱われることも多い。





柄杓を棚に預けるのも初めてなのに、
置かないの?ひっかけるの?
(瓢棚は勝手付手前に柄杓を掛ける棒が付いています)
と、パニックになり、
ふくさの裁き方まで飛んでしまう。
日々、勉強ですね。

とりあえず、まだまだおぼつかない
柄杓を何とか戸惑わず扱えるようになりたいです。


■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
教室で使用したお棗に
「三光棗」がありました。

蓋の上に小さなキラキラ。
よく見ると、北斗七星になっています。

このキラキラが「三光」の由来の光かなと思ったのですが、
なんで「三」?

と、考えていたら、
蓋をあけてびっくり。
内側が、金地に塗られていました。
聞くと、この内側を太陽に見立てているのだとか。

じゃあ、残り一つは…?
よーく観察するとありました。
蓋をする部分(たちあがり)に三日月が!
三日月、全部じゃないんです。
雲の隙間から見えるように一部分だけ。

日・月・星で三光なんですね。

なんでも、天空の無限の広がりを意匠したとか。
鵬雲斎好のお棗です。





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
って、遅いですね。気づけばもう6月です。
5月からちゃんと風炉になってます。

きりもいいので、風炉になった5月から
運びの稽古となりました。

柄杓の扱いが難しいです。
構えも、持ち方も、置き方も。
大混乱です。

盆略までなら、一式そろえて
自宅で練習することもできるのですが。
柄杓…
柄杓自体はいけるんですが。
釜がなぁ。
敷居が高い。

うーん。
茶道やってると、欲しいお道具がいっぱい出てきます。
一つのお道具にしても、ピンきりであるし、
きりのない世界です。

「道具茶」という言葉がありますが、
茶道の心は、決して道具を集めることでも、見せびらかすことでもない
というような皮肉を込めた戒めの言葉です。

練習用にとどまっているうちはいいと思うのだけど。
練習用で、釜は・・・どうなんだろうか。


■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
お稽古に必要なものと言えば、帛紗、扇子、懐紙。
そして、菓子切り。
初心者には貸してくれるという教室もあるでしょうが、これらは揃えておきたいもの。
私自身は、茶道を始めることを決めた時に、母から一式譲りうけました。
何十年も前のものなので、あくまでもお稽古用。
上達して、余裕が出てきたら、一つ一つ自分用のを持てばいいかと思っております。

が。

貰い受けた一式の中に、菓子切りがなかったのです。
気に入ったものを見つけるまではと、とりあえず黒文字を何本か常備していたのですが、
そろそろ菓子切りが欲しい。
何千、何万、が、当たり前の和のお稽古の世界で、
菓子切りなんて、ほんの数百円。何でもいいじゃないか。と思うこともあります。

でも!

やはり、気に入ったものが欲しい!
菓子切りだっていろいろあるのです。

プラスチックか、ステンレスか。
頭の形はどうか。
鞘の柄はどうか。

駅前に行ったら、ちょっと探してみようと思います。
ちなみに今のところは、結文型のステンレス製がいいなぁ。





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
茶道の関係する小説ということで読んでみました。大変楽しゅう読むことができました。
最初は登場人物の名前が似ているのでちょっと混乱したのですが、中盤からは、すごく個性的なキャラクターが魅力でした。
流派は創作だと思うのですが、茶の心や禅語、茶道具などがいやみでなく描かれていて、よかった。
映像化しても面白そう。


「友衛遊馬、18歳。弓道、剣道、茶道を伝える武家茶道坂東巴流の嫡男でありながら、「これからは自分らしく生きることにしたんだ。黒々した髪七三に分けてあんこ喰っててもしょうがないだろ」と捨て台詞を残して出奔。向かった先は、大嫌いなはずの茶道の本場、京都だった―。個性豊かな茶人たちにやりこめられつつ成長する主人公を描く、青春エンターテイメント」






続編の「風にもまけず粗茶一服」も発売中のよう。併せて読みたい。
しかし、続編とは思えないほど、カバーの雰囲気が違う。





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
2月28日は・・・、利休の亡くなった日です。旧暦で。
太陽暦変換すると、4月になるのですが。
ちなみに利休忌(茶道を大成した千利休の遺徳を偲ぶ)は3月28日(裏千家)に行われます。なんで?

ちょっと調べてみました。

――――――
千利休(1522-1591)
千家流茶道の開祖とされる千利休(せいのりきゅう)は天正19年(1591)2月28日に秀吉の命により切腹しました。千家ではその1ヶ月後を命日としていますが、その「1月後」の解釈が表千家と裏千家で異なるため、表千家では3月27日、裏千家では3月28日に利休忌を行い、追善の茶会をします。
――――――

命日を1ヶ月後にするってことがあるんですね。






■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
先日のお稽古で飾られていた香合は染付で、蓮が描かれていました。
真っ白の地肌に鮮やかな青の模様がきれい。中国の雰囲気ですね。
染付は、香合だけでなく、水指や蓋置きでも見られます。
特徴的な焼き物なので、遠目でもすぐにわかります。

ちなみに染付とは、

染付とは、白色の素地に呉須(ごす・コバルトを含んだ顔料)で下絵付けをし、その上に透明の釉薬をかけて焼いたもの。模様は鮮やかな藍色に発色する。

中国では青花(せいか)、欧米ではブルー・アンド・ホワイトと呼ばれる。
日本での名称は藍染を思わせることから染付と呼ばれるようになった。

中国で染付の技術・様式が完成されたのは元時代後期。日本では江戸時代初期に朝鮮半島から渡来した陶工によって技術が伝えられ、九州肥前有田(ひぜんありた)において染付の生産が始まり、やがて繊細なダミ染めの技法を駆使した優美な様式が完成する。



2月最初のお稽古に行ってきました。
偉そうに、ブログではお道具のことなど語っておりますが、お稽古については、ほんとに初心者です。(茶道具は2年ほど仕事で扱っておりました)
時間が取れず、今回は復習なしで教室に行ってしまいました。
案の定、 途中でフリーズすることに…。
先輩方にたくさんのご指摘をいただいて、なんとか一連の流れを終えることができました。
自主練習は、さぼっちゃだめですね。
むしろ自主練習の確認を教室でしてもらうくらいで行かないと。
レベルが上がっていくと、ついていけなくなります。
次回で盆略の仕上げをして、次のステップへと言われました。がんばらねば!!

基礎が危ういうちは、手元に入門本があると復習できます。
最近は写真がたくさん入っていたり、DVDがついていたりと、大変親切な本もたくさんあります。復習のおともに手にとってもいいかもしれません。
実感から言うと、本だけで作法を習得するのは大変困難です。
基礎がないうちに入門本を読んでもわからないところが多すぎるからです。
帛紗のさばき方など、まさに百聞は一見に如かずという感じです。
お稽古の補助的な感じで読むと、理解が早く、復習もしやすいです。




本日、お軸は「松樹千年翠」でした。
「過ぎ行く季節にも左右されず、また年月を経ても変わらず、青々と美しい緑を保ち続ける松。移ろいやすい世の中で、常に変わらないものこそ万古不易の真実の象徴であるという意味をもった言葉。」




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
早いもので、もう1月が終わりです。
2月になったらすぐ、節分ですね。
各地で豪雪のニュースが流れる中、春ですと言われても説得力ないんですが。

でも、きちんと四季を味わうのが和の心のいいところ。
せっかくその文化にふれあえる立場にいるのだから、きちんと春を迎える準備をしなくては。
といっても、家庭では、お豆と恵方巻ぐらいですね。
子供がいないので、豆を実際に蒔くことはしないとおもうのです。年の数だけ食べますか。それとも、豆を模した和菓子でもいいですね。
恵方巻は、近年コンビニの戦略によって広まった習慣というのはご存じのところと思います。まあ、乗せられるのもよし。

2月は中旬までおけいこがないので、今年は、節分のお道具には、会えそうにありません。
節分のお道具で思い浮かべるのが、お福茶碗。
茶碗にお福の顔が描かれているものです。
茶碗の内側に描いてあるのでお茶を飲み終えると、お福と眼が合います。
いろいろな作家さんが作っていらっしゃるのですが、やはり、作家さんによってお顔が違います。可愛かったり、美人だったり。
今年は会えないのかあ。さみしいな。





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
ブログのアクセス解析を見てみると、断トツで「ブリブリ香合」で検索してきてくださる方が多いんですね。

「ブリブリ香合」(ぶりぶり香合・振り振り香合)

ええ。検索したい気持ち、わかります。なんて素敵なネーミング。
私も初めて聞いた時は検索しました。漢字は「振り振り」なんですが、なぜ最初から濁るのか。
「ふりふり香合」ならこんなに気にならなかったと思う。

もともとは江戸時代の玩具「振り振り」を模したものらしいのですが、このもとになる「振り振り」がよくわかりません。WEBの辞書によると、
「八角形の槌に似た形で鶴と亀、尉と姥などを描く。」
なんか、子供のおもちゃにしてはずいぶん渋いチョイスの柄ですね。
「小さな車をつけて引きずって遊ぶとも、木製の球を打つともいう。」
やっぱり、遊び方はよくわかっていないらしい。
「また、正月、魔よけとして室内に飾ったりした。」
ああ、だから鶴亀・・・。香合でもおめでたい柄が多いですもんね。

お正月だけのお道具なので、見かけたら、江戸時代に思いをはせてみるのもいいかもしれません。
もう、次に会えるのは来年かな?



■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
お茶のお稽古に通う著者のエッセイ。流派は藪内流なのでちょっとめずらしい。体験談・感想メインの内容なので、これを読んで、知識が増えるということは、あまりありません。(へぇと思うことはありますが。)あくまでも読み物ですが、読みやすい文章でした。

「お茶の教室は未知の世界への扉。よけいなものが削ぎ落とされて、静かに何かが深まっていく―。知らない世界を探検して得る「和」の楽しみ方。」





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
小正月も終わっておりますが・・・。

新年が明けて初めてのおけいこに行ってきました。
年末からちょっと間があいて、約一カ月ぶり。
うわー。動作がだいぶ抜けております。
習い始めで、間があくと駄目ですね。
精進したいと思います。

お花はギリギリお正月のお花でした。
もう終わるとのこと。ちょっと華やかでした。

香合は宝珠。ちょっとだけブリブリ香合を期待していたのですが、残念。
宝珠もおめでたい感じですね。

そして、お茶碗はうさぎ尽くしでした。
かわいい。かわいい。かわいい。
本当に今年は当たり干支ですね。

亭主が小学生の女の子
客がおじいさま。
その間をうさぎのお茶碗が回っていく…。
見ているだけ笑みがもれそうな。

笑っている場合じゃないんですが。

覚書に、他の人が使用していたお道具を。

★曙棗
お正月に使われる棗で、朱漆の地に黒漆で鶴と松が描かれています。
裏千家十一代代玄々斎が長男の一如斎の点前始めの披露として好んだ棗。
本歌製作は八代中村宗哲。






★日月棚
玄妙斎好写。
天板は円形で太陽を象り、中棚は三日月型の月を表現し、
地板は方形で陰陽を表現しています。




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
12月になって、街中にクリスマスがあふれるようになりました。
イルミネーションに、クリスマスソングに、
クリスマス限定パッケージの可愛いお菓子…。
何もしていなくても目に飛び込んできます。

さて、お稽古でも、クリスマスのものが。
かわいいクリスマスを描いたお茶碗。
蓋置には煙突を登るサンタクロース。
この蓋置、まっすぐ置くと、蓋が安定しないのです。
そこで、使用するときには、「サンタを寝かして」との注意が。
サンタだって、疲れて寝ちゃうんだよ。
と皆さんと笑いあいました。

和のモチーフが多いお茶の世界ですが、
クリスマスはすっかり溶け込んでいます。
ちょっと、和からはずれても、
親しみやすいものを取り入れると、
愛着がわきますね。




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
先日、主菓子に老松のきんとんをいただきました。
12月になって、きんとんの銘は「霜柱」
茶色の地面に真っ白な霜が。
口に入れるとほろりとあんがひろがる。
というか、とろける。
本当に繊細でおいしかった。

あまりにおいしかったので、
嵐山店にきんとんを求めに行ったら、
嵐山はまだまだ紅葉中で、
きんとんも紅と黄色の鮮やかなきんとんでした。
(銘は失念してしまいました…。)



ちょっと季節を行ったり来たりした不思議な気分。
でも、やっぱりとろける。

ちなみに老松は
有職菓子や茶席菓子の老舗で、
夏には夏蜜柑をくりぬいてそのまま使った「夏柑糖」が有名。

老松
http://www.oimatu.co.jp/




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
大型本で、写真集のようでした。写真がきれい。
裏千家家元の言葉が書かれているのですが、平易な文章のようで、奥が深い。きっと、どれだけ茶道と関わっているかで、読み取れるものが違うのではないでしょうか。
もっと習練したら、もう一度読みたい。


「鵬雲斎家元の平易な文章に、納屋宗淡が的確丁寧に解説。写真家井上隆雄が細見美術館などの名品を贅沢に撮影し、茶の心の深奥を見事に表現。裏千家茶道海外布教50周年記念出版。」





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
お茶を始めるメリット、茶道のお稽古のはじめ方、はじめてからのアドバイスなどがわかりやすく書かれています。とくに、お稽古のはじめ方(教室の探し方や、用意するお道具、心得など)について書かれている本は少ないので、貴重ではないでしょうか。
とくに、「ルポ・初めてのお稽古日」はお稽古の勝手のわからない人には、イメージがしやすくなっていいのでは。まぁ、教室によって、お稽古の雰囲気は異なると思いますが。
茶道をはじめたいけど、どうすれば・・・という方は一読してもいいと思います。
※裏千家です。


「茶道には日本の文化が詰まっています。着物、作法、和菓子、料理、伝統工芸の道具、そして季節を大切に思う心。もう一度自分を見つめなおしてみませんか。」




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
11月に入って、炉の季節となりました。
今日の茶花は、椿が活けられていました。

まんまるに膨らんだ白椿のつぼみは、
綿のようで、かわいい。

椿って、もっと寒い季節の花のような気がしていたのですが、
炉の季節には欠かせないそうですね。
調べてみると、「炉開き」と名のついた椿も。
雅な名前です。

今年は異常気象で、いけてあったのは、花屋さんのものとのこと。
う~ん。四季を四季として感じられる気候に戻ってほしいものです。




■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
ほんわかイラストレーターによる茶道体験エッセイ。
難しい用語などはほとんどなく、茶道のおけいことそれにまつわる楽しみを、やわらかいイラストとともに書かれています。
読みやすいので、これから茶道を始めたいと思っている方におススメするのにいいかなぁと思います。
※裏千家です。

「慣れないお稽古に四苦八苦するものの、茶道をかじって見えてきた和の暮らしの楽しみ方。おいしいもの・うつくしいもの、色づく歴史、季節の移ろい、おもてなしの心。かわいいイラストも満載。」



■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

茶会記についての入門書。茶会記との触れあい方をエピソードを挟みながら記述されています。
茶会記の作り方について。茶会のストーリーを作るというのは大変興味深かった。実際の茶会を作ることはなかなか実現できることではないけれど、物語を考えながら、道具組を考え、茶会記を作ってみるのも楽しいかもしれません。
古会記の読み方もいくつか紹介されていました。江戸時代の文献は難しいですが、当時の茶人を思い浮かべて読んでみるのもよいものですね。
茶会記にまつわる語録や便利表も付いています。


「茶会の台本、茶会の記録として、大切な役割をもつ茶会記。先人の記した宝に学び、現代の茶会記を知り、茶会記を正しく記せるように...。」





■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
御縁があり、北山会館の展示会におよばれしました。
北山会館は、表千家の美術館のような施設。

「表千家茶道をまなぶ方々をはじめ、ひろく茶の湯に興味をもたれている一般市民の皆様が気軽に茶の湯文化にふれることのできる文化会館」

だそうです。
http://www.kitayamakaikan.jp/index.html
ただいまは「千家十職 樂家の茶碗 極められた赤と黒の美」展を開催中です。
美術館・博物館を訪れるは好きなのですが、こういう茶道に特化した美術館にいくのは、実は初めてです。

最寄りの北山駅を降りてから、なんだか、着物の方が多かった。土地柄かしら?と思いながら、歩いていたのですが、着物の皆さまのお目当ては、まさに北山会館でした。ちょうどその日、何かの研修会があり、お集まりだったようです。ちょうど研修会の始まる時間とかち合ってしまって、着物の方々と一緒に入館することに。ああ、なんだか場違い??なんてドキドキしながら。

入館いたしましたら、皆様は研修会の方へ。その関係で、映像コーナーはなしとのこと。まずは、呈茶コーナーへ。好きな席についてお菓子をいただく。本日のお菓子は、ハマグリの形をした焼き菓子でした。お茶の入ったお茶碗は三島かな?椅子に座って、出されたお茶をいただくだけでしたので、気取らず飲めました。初心者にはありがたいことです。

続いては、展示コーナーへ。樂家ゆかりの品々が展示されております。歴代の楽茶碗がずらりと並んでおりました。壁には関係の書状が。手紙とか、説明書きとか、みんな軸になっているんですね。楽茶碗は見るのもいいですが、やはりその質感を触ってみたいものですね。


■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
久しぶりに市内の本屋さんに行きました。
駅近のワンフロアの大型書店。実家に近かったこともあり、行き慣れています。
一番落ち着く本屋さんですね。最近近所にチェーンの大型書店が開店ラッシュですが、ぜひ頑張ってほしい。

でも、本日は時間があまりなかったので、雑誌コーナーと文庫の新刊、あと茶道コーナーをのぞいて終了。
茶道本では、世界文化社の「茶道百科ハンドブック (茶の湯 便利手帳 1) 」が気になりました。いろいろと便利そうです。価格も本の大きさも手ごろ。大きさって重要ですよね。




さて、もうひとつ。この時期ならではの欲しい本が。
本というか、手帳です。いつもは、スケジュールを書くだけの100円のやつで済ましているのですが、○○手帳がちょっと欲しくなっている。
気になるのは、
「茶道手帳」「歴史手帳」「京都手帳」
可愛さを取るなら、京都手帳は一押しなのですが、情報の専門性を取るなら、茶道手帳、歴史手帳は捨てがたい。大学時代の先輩には、毎年歴史手帳を使っておられる方がいたりして、「かっこいい・・・」なんて思っておりました。史学を専攻していたのです。
今は吉川弘文館と山川の2社が出しているのですね。
茶道手帳には茶会を記録する茶会記の欄も付いていて、これもよさそう。
手帳は、使い勝手が一番ですからね。実際に使ってみないと分かりませんが。
新年まであと2カ月。もう少し悩みます。

茶道手帳平成23年(2011)版

茶道手帳平成23年(2011)版

価格:800円(税込、送料別)






早いもので、来年のお道具を見かけるようになりました。
来年、平成23年の干支は「辛卯」、勅題は「葉」です。

勅題というのは、毎年皇居で開催される歌会始の「お題」のこと。
歌会始で詠まれる歌は、一般の人々にも公募されていて、昭和22年からは、平易な題が選ばれています。
今、調べて知ったんですが、この歌会始の歌っていうのは、いまでは、インターネットでも応募できるんですね。
当然、歌会ですから、和歌のためのお題なのですが、茶道の世界でも新年のお茶会では、これにちなんでお道具が取り扱われたりします。

「葉」という、お題。イマイチぴんとこなかったのですが、作品を見たら、なるほど!というものが多いですね。
松葉やは趣あるモチーフの一つ。ちょっと秋っぽい印象もありますね。
クローバーも多数見かけました。洋風のモチーフですが、かわいい。




個人的な趣味では、干支の中では、兎は一押しに可愛いですよね。
見てるだけで楽しい。
雪うさぎのモチーフのお茶碗が、かわいい。
瞳がつぶら・・・。



今年のお題と干支は、「アタリ」ですね。
新年を過ぎても使えるし、可愛いものが多いです。
自分で季節もののお道具まではなかなか・・・
という方も、お懐紙や扇子をそろえてみてはいかがでしょうか。



新春のお道具は、売り切れ必死なので気に入ったものは、お早めに。

なんだか、宣伝みたいになってしまいました。
「■既刊『茶室のみかた図典』を整理して、見やすくなるよう大幅にリニューアル。茶室の基本的な見かた・用語がこの1冊でわかる。
■妙喜庵待庵、如庵、高台寺傘亭・時雨亭をはじめ有名な茶室40席の見どころ・構成・由緒を写真・イラスト・平面図付きで解説。
■茶席・窓・建具・露地・手水鉢・灯籠などの分野別に、茶室に関する352項目の用語をイラストを交え丁寧に図解。
■「茶室は、ただ単に見るだけのものではありません。身体でもって体験するものです。」(「はじめに」より)茶室を体験し・楽しむための手引となる入門書。」

著名な茶室の紹介(茶室探訪)と茶室用語図典からなる。
茶室探訪は見所や図面が載っている。関連する用語や人物のトピックがあって読みやすい。が、写真が少ない。
茶室用語図典は項目別に細かく載っている。図が載っているのは分かりやすくて良いと思う。




茶の湯@wiki
08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
次のページ>>
Copyright ©  -- 茶の湯覚 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ