忍者ブログ

茶の湯覚

このブログは、「茶道」についての月梅の個人的な覚書です。 調べたことを纏めると同時に、誰かのお役にたてれば幸いと思い、公開しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


御縁があり、北山会館の展示会におよばれしました。
北山会館は、表千家の美術館のような施設。

「表千家茶道をまなぶ方々をはじめ、ひろく茶の湯に興味をもたれている一般市民の皆様が気軽に茶の湯文化にふれることのできる文化会館」

だそうです。
http://www.kitayamakaikan.jp/index.html
ただいまは「千家十職 樂家の茶碗 極められた赤と黒の美」展を開催中です。
美術館・博物館を訪れるは好きなのですが、こういう茶道に特化した美術館にいくのは、実は初めてです。

最寄りの北山駅を降りてから、なんだか、着物の方が多かった。土地柄かしら?と思いながら、歩いていたのですが、着物の皆さまのお目当ては、まさに北山会館でした。ちょうどその日、何かの研修会があり、お集まりだったようです。ちょうど研修会の始まる時間とかち合ってしまって、着物の方々と一緒に入館することに。ああ、なんだか場違い??なんてドキドキしながら。

入館いたしましたら、皆様は研修会の方へ。その関係で、映像コーナーはなしとのこと。まずは、呈茶コーナーへ。好きな席についてお菓子をいただく。本日のお菓子は、ハマグリの形をした焼き菓子でした。お茶の入ったお茶碗は三島かな?椅子に座って、出されたお茶をいただくだけでしたので、気取らず飲めました。初心者にはありがたいことです。

続いては、展示コーナーへ。樂家ゆかりの品々が展示されております。歴代の楽茶碗がずらりと並んでおりました。壁には関係の書状が。手紙とか、説明書きとか、みんな軸になっているんですね。楽茶碗は見るのもいいですが、やはりその質感を触ってみたいものですね。


■―■―■―■―■―■―■―■―■
茶道に関するブログを探すなら↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
茶の湯@wiki
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<<茶会記の手引き―茶会をもっと身近なものに  | HOME |  手帳あれこれ>>
Copyright ©  -- 茶の湯覚 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ